ライースリペアのクリームを購入してみました

以前、ライースリペアシリーズのトライアルセットを取り寄せ、10日間使用しました。

その時、10日間という短い期間で肌に潤いを感じたのと、付け心地が非常に良かったことから、本品(化粧水・美容液・クリーム)を購入してみました。

今回は、トライアルではなく本製品である「美容液(インナーモイスチュアクリームNo.11 )」をレビューします。

本品のご購入に迷われている方は要チェックです!

関連記事

ライースリペアの化粧水を購入してみました
ライースリペアの美容液を購入してみました

美容液(インナーモイスチュアクリームNo.11)本品のスペック

ライースリペアのクリームの仕様は以下の通りとなっております。

正式名称 ライースリペア
インナーモイスチュアクリームNo.11
医薬部外品であるか? 医薬部外品
配合されているライスパワー成分 ライスパワーNo.11
内容量 40g
添加物への配慮 無香料、無着色
価格 ※朝夜、毎日使うのを前提で2ヶ月分
単品購入→8,000円(税抜) 1日約134円
定期購入→7,200円(税抜) 1日約120円

価格は化粧水(インナーモイスチュアローションNo.11)と同じです。
クリームは高いイメージがあるので、ちょっと意外でした。
こちらのクリームは保湿に加え、肌を刺激から守る働きをしてくれますので乾燥や紫外線が強いシーズン時、特に効果を発揮します。

単品でも効果はしっかりありますが(とにかく刺激から肌を守りたい!な方はクリームだけ…のパターンもあるようです)化粧水・美容液で潤わせた後に塗ると「潤いを更に増してくれる」のでセットでの使用がオススメです♪

クリーム(インナーモイスチュアクリームNo.11)を使ってみました!

商品の外観

つや感のあるブラウンカラーの外箱に入っています。
箱のてざわりが「肌をつやつやにさせる」のを連想させてくれるのが個人的に好きだったりします。

外箱の側面と裏面には「ご使用上の注意」「全成分」「商品概要(問い合わせ先)」が印字されています。

中身

中には本品のクリームと一緒に小さいヘラが付いています。
クリームは直接手ですくわず、ヘラ(できれば毎回洗った方が好ましいです)で取ると衛生的な管理が出来るので、使うことをオススメします。

本品の裏はこんな感じ。
クリームは見た目的に化粧水・美容液と間違えて使うことはなさそうですが、しっかり「クリーム」と印字されていますので、是非目印に…。

ふたを開けてみました。
真っ白なクリームがいっぱい詰まっているのは迫力大です。

付属されていたヘラを使ってクリームを取ります。
程よい硬さなので取りやすいです。

手に付けてのばしてみました。
トライアルセットの時もしつこいほど言っていたのですが、ライースリペアのクリームはテクスチャが柔らかく伸びが良いのでとても使いやすいです。

使った感想

トライアルセット使用時、「テクスチャが柔らかいので塗りやすい。しかも、塗りすぎても浸透が早いのでべたつかない」という印象がありましたが、いい意味でその印象は変わらずでした。

クリームのテクスチャのおかげか、塗っている途中、指がつまりにくいのでリフティングマッサージ(しみ・たるみを無くすためのフェイスマッサージ)をするのにも適していると感じました。
(リフティングマッサージに使うクリームは、肌とクリームが一体になりやすい物が理想らしいのでライースリペアのクリームでやるのは最適だと思います)

そして、化粧水→美容液→クリーム…とつけた後の肌は時間がたってもカサカサしないので乾燥シーズンには頼もしすぎる味方です。

※トライアルセットは3種類全てが低価格で使えるので是非、一度ご堪能して欲しいです

【おまけ】トライアルセットを使った時のレビュー記事

結構前の記事ですが、トライアルセットを使ったときのレビュー記事もあります。
トライアルセットから始めようと思っている方向け。
お得に購入する方法も載っていますよ♪

ライースリペア

他のライスパワー商品も併せて比較したいかたはこちらがオススメ!
ライスパワー化粧品・比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加